マイクロチップ②

動物愛護法の改正で、3年以内にわんちゃん・ねこちゃんへのマイクロチップの装着が義務化となりました。

対象となるのは、繁殖業者が出荷・販売する子犬・子猫、繁殖用のわんちゃん・ねこちゃんです。

すでに家族となっている子たちは努力義務となるようです。

マイクロチップの埋め込みは、獣医さんによって行われます。

注射器より少し太い専用のチップ注入器を使って、体内(首の後ろが一般的)に注入します。

痛みは、ふつうの注射と同じくらいといわれています。

看板犬ピノもマイクロチップ装着済みです。

ピノもちっぷついてるわん

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

pino-mama
pino-mama
ペットシッターピノの代表者です

前の記事

マイクロチップ①

次の記事

わんちゃんの祖先はオオカミ?