モモちゃん①

5年前の7月のこと、隣のドラックストアにお遣いによこした娘が「ママ大変!なんか小さいのが落ちてる!!」ととんぼ返りしてきて叫びました。

慌てて見に行くと家の前の歩道の溝に片手に乗るほどの小さな子猫がうずくまっていました。

我が家の目の前は車がビュンビュン走る幹線道路。このままではこの子は轢かれてしまう……

迷わず小さな命を箱に入れて今は亡き頼れる義父に相談することにしました。

ネットでミルクやトイレのお世話の仕方を調べ、かいがいしく面倒を見てくれた義父母。

当時教員として激務の日々を送っていた私には子猫をお迎えする余裕はありませんでした。

そこで生後2~3週間と推測されるその小さな命は心優しい義父母に託すことに。

モモと名付けられた子猫は愛情をたっぷり注がれスクスク育ち今では4キロの立派な成猫に😸

突然連れてきた命を快く引き受けてくれた義父母には感謝でいっぱいです。

ゴミ袋にはいるにゃ
モモの可愛い奇跡の1枚💖

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

pino-mama
pino-mama
ペットシッターピノの代表者です

前の記事

いっしょに暮らそうね✨

次の記事

モモちゃん②